はじめてチラシを作る際に失敗しないコツ

Pocket
LINEで送る

今回は初めてチラシを作る人に見て頂きたい、はじめてチラシを作る際に失敗しないコツをご紹介させていただきます。

チラシの表面はシンプルにデザインします

チラシを作成するときに、PRしたい事がたくさんあるときこそ要注意の事なのですが、チラシにあれこれと掲載してしまうと、非常に読み難いチラシになってしまいます。チラシの表面には読む人をひきつけるようなキャッチコピーとキャッチイメージ、そして、期待感を持たせる内容のみを掲載するのが失敗しないチラシのデザインを作成するコツです。

チラシのデザインa-01

参考画像のチラシは自転車撤去・回収のチラシなのですが、料金プランの詳細な紹介などは掲載せずに、放置自転車で困っている人に解決できるという期待感を持たせています。

チラシの表面のデザインで重要なことは、まず「チラシを読みたい」と思わせることです。多くの人がチラシを手にとっても読まずに捨てると言われています。

まずは表面のデザインで、読み手の気持ちを掴むことが重要です。

チラシの裏面は詳細を明記します

表面には期待感を持たせる内容でしたので、それだけでは信頼感がありません。具体的な事例や料金プランを掲載することで、チラシの読み手を納得させる必要があります。裏面の詳細説明で読者を納得させることが出来れば、表面の期待感とリンクして、表裏のチラシデザインが「期待感→説得力」のスキームを作り、効果のあるチラシ構成として成り立ちます。

チラシのデザインb-01

はじめてチラシを依頼する際におすすめのデザイン印刷屋です

当店ははじめてチラシを依頼する際におすすめのデザイン印刷屋です。まずご相談いただければ、経験豊富なマーケティングマネージャーが最適な広告方法をご紹介させていただきます。チラシが良いのかWEBが良いのか、WEBと紙媒体の連動が良いのかなど、当店は様々な角度からアプローチできますので、無駄な広告を作る必要がなくなります。チラシのデザイン制作から印刷が初めての場合、まずはアリキヌにご相談ください。